一棟売りマンションを購入して資産運用に活かす

メリットとは

車が並んでいる様子

業者について

任意売却を行うには、融資をしている金融機関の審査を通った業者が仲介業務を行う必要があります。
そのためには、ある程度の営業力を持つ業者が必要という事になります。
これまでは専門に行う機関が主に手掛けることが多かったものです。
残債をいかに回収するかが求められる中で、その範囲内において最善を尽くす活動を行うものですが、相場の売却価格よりはかなり低い金額にはなります。
その点においては、大手販売業者による売却では、あくまでも通常の売却活動に近いものとして行われることになります。
ただしできる限り短期で結果を出すために、保有する顧客に優先的に紹介したり、物件周辺にチラシを配るなどの活動をメインに行うことになります。

サービスとは

不動産の任意売却におけるサービスとしては、まずは短期間のうちに優先的に売却活動を行うものがあります。
特別にチラシを配ったり広告を出したりといった活動を行うわけですが、もちろんその費用は不要となります。
あくまでも仲介手数料のみを支払う事となります。
その他にも、業者によっては自社で買い取りを行うものもあります。
通常は売却契約のオプションとして買い取りを行うケースが多いものですが、土地の価格の下落に歯止めがかかっている事を受けて収益性の高い物件であれば、買い取りを行う業者が増えているのが現状でもあります。
もちろん、仲介による売却よりも安い金額にはなりますが、確実に差し押さえまでの間に処分したい場合には必要となるものです。